古川建商株式会社は1975年にアルミサッシ、ドアの製作、施工会社として八千代市勝田台で設立しました。
あれから40年、「お客さんの立場に立ったサービスとご奉仕」を合言葉に社員一同奮闘してまいりました。

 そして今、思いますことは、当時に工事をさせてもらったサッシ、ドア等、窓まわりの大部分が寿命時期を迎えていることです。メンテナンスに奮闘するも、部品調達が不可能な場合がほとんどです。理由は当時のメーカーが製造をやめた事、特に金具部品のメーカーが廃業した事にあります。

 そんな時に当社では長年の経験と工場設備と技術力を駆使し、世に無いものは「作ってしまえ」の精神で前向きにメンテナンスに取り組んでおります。建物は使い捨てではありません。修繕しながら長ーく付き合う大きな財産です。その財産を守るために、少しでも長持ちさせるために、お手伝いできればこんな嬉しいことはありません。今後ともよろしくお願い申し上げます。

古川建商 株式会社
   代表取締役 古川 洋

 
page top